Bluetoothスピーカーとしても超おすすめ! YAMAHA yas-107 レビュー!!

こんにちは、もろこしです!

先日YAMAHA YAS-107を買いました。
このスピーカーを買ってから本当に映画やゲームが楽しくなりました!

そこで実際に使ってみて気づいたYAMAHA yas-107の良いところ等をレビューしていきます!

スポンサーリンク


購入に至るまで

前から映画とゲームが好きでよく家で楽しんでました。

しかし一人暮らしだとスピーカーなんて用意してないので、テレビの音オンリーな訳ですよ。

実家に帰ると、音がいいこといいこと!!

ヤマハのお高いスピーカーが置いてあるんです。

剣で鎧とかに攻撃すると、

カキィン!

なんてほんといい音がするんですよ。

そして自分のアパートに帰ると物足りなさがひどかったんです。

さすがにこれは我慢できない・・・

ということで、ちょうど引っ越しをするタイミングで買いました!

YAMAHA yas-107を使ってみた感想

いやー、音が良いというのはいいですね笑

まずしっかりと低音が出てくれるのが嬉しいです。

このスピーカーにはサブウーファーが2つ付いています。

なのでテレビのスピーカーでは不足しがちな低音もバッチリ流してくれます。

やっぱり聞こえない音域が無いというのは幸せです。

映画ではちょっとだけ映画館気分が味わえますし、ゲームはゲーセン感があります。

家でこのレベルの音質を得られるなら十分だと感じますね!

YAS-107のメリット・デメリット

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを書いていきます。

YAS-107のメリット

  • 音が良い
  • 低音までしっかりと出てくれる
  • サラウンドに対応
  • スピーカーの上部から音が出るため、音に立体感がある
  • スマホから音楽が流せる
  • HDMI連動

サブウーファーが2つ付いているので十分に低音が出てくれます。

低音をかなり効かせてロックを聞くとテンションが上ります笑

あとはスマホからBluetoothで音楽を流せるのが便利ですね。

音楽用のスピーカーを別に用意しなくて良いのは大きなメリットです。

YAS-107のデメリット

  • 大きい
  • ちょっと高い
  • 設定によって低温が出すぎる
  • 3Dサラウンドがあんまりいい音でない

大きい、というのが最大のデメリットです。

YAS-107、スピーカー

このテレビは32型で、これよりも大きいですからね。

一人暮らしだと場所をとってしまいます。

あとは設定で低音出し目にすると近所迷惑になりそうです。

普通に地面が振動します笑

夜はほどほどにして楽しむことが必要ですね。

3Dサラウンドはまあしょうがないという感じがします

この価格帯のスピーカーなら妥当なところですね

ちょっと高音がシャリシャリしすぎます

YAS-107はこんな人に向いている

私が思う、「こんな人は向いている」というのをまとめてみました。

  • 家で映画やゲームを高音質で楽しみたい人
  • 3万ぐらいでいいスピーカーが欲しい人
  • サラウンドのスピーカーが欲しい人
  • 一人暮らしでもいい音を求めたい人
  • Bluetoothスピーカーを持ってない人

私としてはこのスピーカーを買って満足しました
音がいいというだけで映画やゲームの面白さが倍増しますよ!

YAS-107の評判

まず音質ですが、さすがYAMAHAです
ホームオーディオで必要十分な性能です
アンプの容量も結構大きく、リッチなウーハーのおかげでバスエクステンションを効かしても、音源がよければ歪みはあまり見られません

3Dサラウンドに関してはこの形のスピーカーでの限界があり、バランスがかなり悪いです
高音はフランジングされたような音になりがち
低音は割と低いポイントで歪みます

bose solo5と迷ってこちらを購入。量販店で聴き比べしたが似たようなもの。
HDMIでの連動がとても便利で今までどおりのテレビ利用と変わらないのが最大のメリット。テレビ以外のリモコンを触らなくて良いのがミソ。

主だったレビューとしてはこんな感じですね。

やはり3Dサラウンドの音質が少し問題な部分はあります

それでもこの価格のスピーカーにしては十分な高音質といった印象ですね

まとめ:買う価値は十分にアリ!

このスピーカー、値段に対してのコスパがかなり高いです

予算帯がこのスピーカーとあってるなら十二分にアリですよ!

私はこれでめっちゃ満足してます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

YAMAHA yas-107のここが気になる! yas-107の関連記事まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする