YouTuberという仕事について大学生が考える!

YouTuberについて考えてみる!

こんにちは、もろこしです!

みなさんはYouTubeをよく見ますか?

YouTuberは様々な要因で注目を集めています。
収入、人気度、不祥事などなど。
そんなYouTuberという存在について少し考えてみました。

スポンサーリンク

人気の高さとプライベート

消えゆくプライベート

YouTuberの人気の高さには目を見張るものがあります。
ある有名YouTuberが突発的に行ったオフ会では深夜にもかかわらず予想以上に人が集まりまいした。
結果、警察まで出動するほどの規模となりました。
ここまでの人気度だともはや一般人とは言えませんね。

人気が高いのはいいことですが、ここで犠牲となってくるものがあります。
それはプライベートです。

今人気のトップYouTuberのほとんどが顔出しで活動しています。
やはり顔が分かったほうが認知度も上がりやすいですからね。

ただし普段の外出すら気軽にできないのは、かなりのストレスではないでしょうか?
普通にコンビニ行く間ですら変装していなければ声をかけられるかもしれません。
買い物すら普通にできないとか生活がかなり不便そうです。

あとは、人気が出てくるとアンチが出てくるものです。
ただ悪評や文句をいうだけならかわいいものですが、電凸や家凸などしてくる人も中にはいるみたいです。
ここまで来るともう呆れるしかありませんね・・・

人気の高さとプライベートが守れるかどうかは反比例するものと私は考えます。
覚悟決めたり、対策をしっかりと練っているYouTuberは大丈夫かもしれませんが、そうでない人はかなり苦痛に感じそうです。
もしYouTuberになろうとするなら、プライベートを守ることに関してしっかりと注意をして欲しいです!

「仕事」としてはどうなのか

動画投稿という仕事

現在のトップYouTuberの収入は莫大なものです。
軽く一億を超える人もいるようですね!

「好きなことで、生きていく」
YouTubeのCMで有名なこのフレーズはとても魅力的に感じます。
私もそうであったらとつくづく考えます。

ですが、どんな世界でも稼げる人、または飯を食っていける人はごく一部です。
加えて動画作成というクリエイティブなものなら、なおさら生きていくことは厳しいものになるでしょう。

実際、多くのYouTuberはチャンネル登録者も少なく、動画の再生回数も少ないのが現状です。

さらにYouTubeが今後とも安定して活動できる場所かどうかも定かではありません。
もし何かショッキングな事件や事故がYouTubeを原因として発生したとします。
それが結果としてYouTubeの倒産につながれば、YouTuberという仕事は消えてしまいます。

まあYouTubeが潰れることはほぼないでしょう。
ですが広告収入の単価が著しく落ちたりしたら、と考えると不安ですよね。

仕事として考えると、環境・競争の面で生きていくことは難しいと私は考えます。

YouTuberの今後

この先どうなるか

どんなジャンルでも新規の人が増えていき、その人達が新しい風を巻き起こしていく流れがないとジャンルは過疎化していきます。
最近のニコニコ動画がそんな流れになっていますよね。

YouTubeの世界でも同じようになってはいないでしょうか?
新規の人の多くは、これまでの人がやってきたことの焼き直しが多いです。
色々な投稿者の動画を見ていますが、目新しいものはほとんどありません。

このままでは、先発組のトップYouTuberだけが甘い汁をすすっているだけの世界になってしまいます。

新規で始めている人の中にも、きちんとした機材を使い、しっかりとした編集技術を持っているレベルの高い人がもちろんいます。
しかし、多くの人は人気を出せずにいます。

動画のクオリティは悪くないのですが、どうしても知名度が低いため再生数が伸ばせません。
もっと評価されるべき人が評価されてほしいですね。

最後に

YouTubeで本格的に稼ごうと思ったらかなり大変です。
どちらかというと本業と合わせて副業のような感覚で取り組むのが良さそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする