スプラトゥーン2、フォートナイトでのボイチャを簡単に解説!

こんにちは、もろこしです!

最近スプラトゥーン2でウデマエがS+帯にあがり嬉しい限りです

さて、みなさんはスプラトゥーン2でボイスチャットをしていますか?

野良ではボイスチャットなしで遊ぶ独自の楽しみがありますが、やはりボイスチャットで遊ぶのも楽しいものです

そこで今回はみなさんにスプラトゥーン2でボイスチャットのやり方を紹介します!

*これから紹介するやり方はフォートナイトでもできます!

スプラトゥーン2 他の記事はこちら!

スポンサーリンク

ボイチャの準備

一番簡単な環境では、スマホのスピーカーとマイクをそのまま使うというものがあります

しかしこれは相手側が自分の声を聞こえにくくなってしまいます

自分の遊んでいるゲームの音が向こうにも聞こえてしまうのであまりよろしくないんですよね

これを対策するために色々と準備する必要があります

必要なのものは

カンタンにできる!スプラトゥーン2とボイスチャットの音声を1つのヘッドフォンで聴けるようにやってみた
「スプラトゥーン2」が発売されて、私も販売日当日にゲットしてプレイする日々。任天堂が提供しているスマホアプリからボイスチャットができるようになり、前作よりイカ仲間たちと通話を楽しみながらプレイすることが多くなりました。せっかくだから、もっと

こちらのサイトを参考にすると非常に分かりやすいです!

私がボイチャする準備をする時にはこちらを読ませていただきました

しもしもさん、ありがとうございました!

ただこのセッティングだとスマホのマイクを利用するという点で気になる方もいるかもしれません

やはり口とマイクの距離が離れてしまうと向こう側の人に声が伝わりにくい印象がありますからね

マイクの問題を解決させたい方は、

これらを使うことでマイク問題を解決できます

上にあるスプリッターがなぜ必要かというと、携帯のプラグではマイク入力と音声出力を同時に行えないからです

そのためスプリッターが必要となってきます

とはいえiPhoneのマイクを使う形で何度かボイスチャットを行いましたが、相手側から声が小さい等言われたことは無いので大丈夫だと思います!

9/9追記

こちらの商品を使ってもボイスチャットができます

スマホ+スイッチ+これだけで簡単にボイスチャットの環境が作れますよ!

ただ、スマホのマイクを使うしかない環境になるので騒音や家族がいる場所での使用は難しいかと思われます。

何のアプリでボイスチャットするか

機材の準備ができたら次はアプリの選択です

色々と出ていますがメジャーなのは「Skype」「LINE」ですね

私はSkypeの方を利用しています

LINEの方だとどうしてもキッズが多そうな印象があり手が伸びにくいんですよね

あとメッセージ関連が面倒な印象を持っているのであまり使いたくはありません

加えて友達とLINEで通話した時にとても音質が悪くなる時があったので、ゲームのボイチャには向いてないかなと思います

以上の理由からスカイプを利用するのをおすすめします

時間帯にもよりますが結構アクティブユーザーも多いので、困ることはないと思いますよ!

「スカイプちゃんねる」で一緒に遊ぶ人を探す

さて、スカイプを利用しようと思っても一緒に遊ぶユーザーを探さないといけません

そこでスカイプちゃんねるを使うと便利です

このサイトではキーワードごとに各ユーザーがボイチャしたいゲームを提案していて、そこにメッセージを送るという仕組みになっています

ただメッセージの送る相手の選び方にコツがあります

それは、なるべく投稿時間が現在時間に近い人にメッセージを送ることです

十分前だともうメンバーが集っていて空きがなかったり、その人がもうアクティブじゃなくなってたりします

なるべく直近の投稿にメッセージを送るようにしましょう!

また、メッセージを送っても確実に返事があるとは限らないため反応を見つつ同時に3つぐらいにメッセージを送るといいですね

やっぱり一緒に遊ぶ人を探す時間が短いほうがストレス少なくていいですからね

あとは、メッセージを交換する時は積極的にこちらから送りましょう!

相手の出方を伺ってたらもうメンバーが集ってしまって部屋に入れない、なんてことになってしまうと笑うにも笑えません

こちらからガンガンいきましょう!

詳細記事>>>スプラトゥーン2でボイスチャットするならスカイプちゃんねるを使おう!

最後に

ボイチャをしながらスプラトゥーン2をするとさらに遊べます

毎日夜更かししちゃう程に楽しいですよ!

みなさんも快適なボイチャライフを送ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする