これだけははずせない! 八十八ヶ所巡礼のオススメ曲5選!!!

こんにちは、もろこしです!

みなさんはインディーズのバンドを聞いたりしますか?

私はメジャーのバンドをメインで聞いているので、インディーズのバンドに触れる機会はあまりありません

そういうバンドは音作りも丁寧で全体的に整っている印象で、とても聞きやすいです

しかし、たまには理路整然とした音楽よりも荒々しく尖ったものが欲しくなります

どうしても同じバンドだけ聞いていると、違う音が聞いてみたくなるものです

あなたも、音楽生活にマンネリ感を感じていませんか?

そんな悩みを最高に吹っ飛ばすバンド、八十八ヶ所巡礼の紹介です!!!

スポンサーリンク

仏滅トリシュナー

始めてこのバンドに出会ったのがこの曲でした

正直初めは意味がわからず

「なんだこのへんなバンド・・・?」

となって放置気味でした

しかし数日後、なぜか気になってまた聞いて、そして放置してまた聞いてと繰り返すうちに気づいたらハマっていました!

この曲は決まった一定のパターンを崩しながら進行していく感じがとてもおもしろい曲です

ここまでリズムを食いながら演奏するバンドもなかなか珍しいのかもしれません

攻撃的国民的音楽

八十八ヶ所巡礼 「攻撃的国民的音楽」
2014年8月8日発売 NEW ALBUM「攻撃的国民的音楽」より ーNext one man LIVE 2020ー 2月22日(土)福岡 天神graf 3月7日(土)札幌COLONY 3月21日(土)神戸 太陽と虎 3月28日(土)仙台enn2nd 4月11日(土)新宿ロフト 4月25日(土)大分club SP...

サムネが出ないのでリンクのみとなりました、すみません・・・

タイトル通り、これでもかというほとグイグイと攻めてきて、さらにサビがかっこいいという最高にゴキゲンな曲です!

唸るギターと縦横無尽に駆け回るベースの掛け合いは聞くべきです

このバンドはサビ前までは基本的に謎なことが多く、サビに入るととにかくかっこいいという印象です

もし曲調が合わなかったとしても、サビまでは聞いてみて欲しいです

確実にハマる曲があるはずです!

PALAMA・JIPANG

この曲はギターのバッキングが抜群に冴えている曲です!

今までいろいろな曲を聞いてきましたが、バッキングで感動したことはありませんでした

このバンドだからこそのキレッキレな演奏を聞いてみてください!

紫光

普段のスピード感を感じる曲とは一転、落ち着いた曲想です

とにかくギャンギャン言わせる曲調に慣れた耳にはとても新鮮に感じますね!

こんな感じにもイケるのか、と演奏のバリエーションの豊富さを見せつけられます

幽楽町線

はじめの電車の踏切の音はおそらくギターですね

いったい誰が踏切音を曲に打ち込もうなどと思うでしょうか笑

発想の自由さに脱帽するしかありません

最後に

かなりぶっ飛んだバンドですが、この独特な癖はハマるとなかなかに抜け出せません!

食べ物と比較するのもどうかとは思いますが、くさやのように食べるまでその美味しさはわかりません

見た目とバンドの音色によってとっつきにくさはありますが、ハマればこのバンドは最高です!

この機会にぜひ、いろいろな八十八ヶ所巡礼の曲を聞いてみてください

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする