楽器演奏はもっと上手くなれる! 知ってほしい7つのポイント

こんにちは、もろこし(@mooooookoshi)です!

みなさん、楽器の練習はうまく出来ていますか?

練習してすぐ上手くなるような楽器は1つもなく、また上達が分かりにくいのでモチベーションの維持が難かしいですよね

しかし毎日練習すればうまくなるのは確実です

そこで練習で上手く行かない時に試して欲しいこと7つをまとめました!

スポンサーリンク

テンポを落とす

テンポの速い曲を練習している時の落とし穴は、テンポが早すぎる状態で練習してしまうことです

原曲テンポのままいきなり練習するなんてもってのほかです

出来れば半分の速さ以下から始めましょう

ゆっくりのテンポからやることでリズムや音色に気をつけながら練習出来るので、練習したのになぜか下手に聞こえるという現象を避けられます

またゆっくりなテンポで出来るようになったらどんどん上げて行けばいいのですが、この時上げ幅は少なめが良いです

あんまりすぐにテンポを上げすぎると全然練習になりません

むしろ下手になる可能性もあります

フレーズの練習回数を増やすためにも、ゆっくりとテンポを上げて練習していきましょう!

フォームを見直す

上手くできないときはフォームが乱れていることが多いです

正しいフォームというのは一番練習効率が高く、かつ一番いい音を出すための最短距離を取ることが可能です

崩れたフォームでもうまく演奏するプロはいますが、それはプロの話です

フォームは正しく練習しましょう

また自分でも気づかないうちに音色や音の出だしがよくなったりする、という良い効果もあったりしますよ!

やることは1つに絞る

さあ曲を練習するぞ!、となった時に取り組まないといけないことはたくさんあります

曲の聞きこみ、譜読み、テンポを上げて原曲の速さで出来るように、音色、フレージング、etc…

これらを同時に練習するとまずうまくいきません

練習することは1つに絞って練習するようにしましょう

とりあえずはテンポを上げていくことに集中するのがいいかと思います

原曲テンポで出来るようになれば、人と合わせて練習する時も本番に近い形で合わせられますからね

ただテンポを上げることを意識しすぎて、リズムが狂ってたり音程がイカたりといったことにならないよう気をつけましょう

また、1つのことに絞って練習しようと考えていても無意識で複数のことを考えていることがあります

私自身よくあるので本当に困ります笑笑

みなさんも注意して練習しましょうね!

メトロノームを裏で鳴らす

長い時間練習していると、どうしても練習がマンネリ化してきます

そこでメトロノームに変化を加えましょう

具体的にはメトロノームを裏でならします

練習の難易度が格段に上がりやりごたえがあるので飽きません

何より本番よりも難しく練習できるので、本番が簡単に感じられるという最大のメリットを感じれますよ!

録音してみる

自分で演奏していて自分の下手な部分すべてに気づける人は少ないです

テンポやリズムのズレは分かりやすかったりしますが、それでもズレがかなり小さかったりすると気づきにくいです

そこで録音や動画を取ってみることで自分の気づかない部分を客観的に見れます

スマホに標準でついているボイスメモでも十分ですから、とりあえず自分が練習しているフレーズを録音してみると、多くの気づきがありますよ!

私もよく録音して自分の下手さにがっかりしています笑

また録音だけでなく動画を撮るのもおすすめです

前に書いたフォームが正しいかどうか、これが見やすいんですよね

人から見た時にどのように演奏しているのか、これを考え始めるとまた一段と上手くなります

かっこよく見せるノリ方、なんてのも考えてみると楽しいですよ!

人に助けてもらおう!

練習していて煮詰まってきたら、人に助けてもらうのも一つの手段です

演奏を客観的に見てもらってアドバイスをもらうことはとても大切ですよ!

録音していても気づけなかった部分を教えてもらえるかもしれません

また、違う楽器をしているからこそ教えてらえるアドバイスなんかもあったりします

ですから違う楽器の人にもどんどん演奏を聞いてもらいましょう!

また演奏を聞いてもらうだけでなく、一緒に練習してもらうのもいいですね

演奏者の間で共有される感覚が自分と人とで違っていることもあります

そういう部分はどうしても自分では気付きにくいので、人と演奏していく中で学んでいきたいですね

他にも上手い人と演奏することで自分もうまくなれます

その人の出す音のドライブ感であったりグルーブは人に染み込みます

ドラマーがうまいベースと練習するとうまくなる、あの現象のようなものですね

どんどん上手い人と練習しましょう!

練習をやめてみる

練習していてどんだけ頑張っても上手く出来ない、そういう時は休みましょう

体や頭の疲れは無視できません

普段当たり前に出来るはずのことですら出来なくなったりしますからね

ちょっと休んでまた練習するとうまくいくことも多かったりします

また練習を切り上げてしまうのも1つの手段です

自分の好きなことを目一杯してリフレッシュするのも大切

一度困難から離れてみるというのは、どんな時でも役立つ立ち回りですよ!

最後に

楽器の練習というのは際限がありません

頭おかしいぐらい上手いプロの人達ですら練習を続けていますからね

それでも毎日少しずつ練習することで確実に上手くなります

ふとした時に自分の上達を感じたり、人から褒められたりするのは幸せですよね

練習、頑張っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする