手汗対策に! クルトガ ローレットモデル レビュー!

こんにちは、もろこしです!

もろこし
みなさんはクルトガのローレットモデルを知っていますか?

ローレットとは、シャーペンを持つ場所についているギザギザのことです。
人によって好き・嫌いの強いローレットですが、手にしっくりと来たらかなり使いやすいですよ!

今回はクルトガのローレットモデルの紹介です!

スポンサーリンク

ローレットはどこがいいのか?

このシャーペン一番の特徴であるローレット。
そこでローレットのどこがいいのかを紹介します!

シャーペンがすべらない

シャーペンを持つ場所がギザギザになっているので、すべることがありません。

特にテストで緊張している時にシャーペンがいきなり滑って動揺する、なんてことがあったら嫌ですよね。
どうしても滑るのが嫌だ、という人におすすめです。

手汗の有り・無しが関係ない

シャーペンの持ち手の素材によって、滑りにくさが変わります。

手汗ゴムプラスチックローレット
あり
なし

個人的な感覚でまとめるとこんな感じですね。
ローレットがやはり手汗のありなしに関わらずすべりにくいです。

単純にギザギザによって手との設置面積が増えますから、その分摩擦も増えてすべりにくくなるわけですね。

ローレットの気になる点

ローレットは個人的にすごく好きなのですが、どうしても悪い部分もあります。
それは慣れるまで手が痛いというところです。

どうしても持つ部分がギザギザになっているので手が痛くなりやすいです。
特にシャーペンを保つ力が強い人は痛く感じます。

このクルトガ ローレットモデルのギザギザ度合いは普通ぐらいですかね。

シャーペンによってはローレットのギザギザが浅く、手が痛くなりにくいものもあります。
気になる人は、そんなシャーペンから使ってみるといいですよ!

おすすめとしては三菱のSHIFTです。

クルトガ ローレットモデルの良さ

ローレットの紹介が終わったところで、このシャーペンの良さを書いていきます!

軽めの本体

クルトガ ローレットモデルは一部金属素材を使い、それ以外はプラスチックで構成されています。
そのため、そこまで重くなってないんですね。
シャーペンが軽めだと持ちやすいので、どんな人でも使いやすいです!

低重心目な作り

シャーペンを持つ部分に金属を使っています。
ですから低重心に近い作りになっています。

低重心で作られたシャーペンはなぜか書きやすいんですよね。
文字を書く時シャーペンを動かすための力が少なくていい感覚がありますよ。

クルトガ ローレットモデルで気になる点

ここからはクルトガ ローレットモデルで気になった点を書いていきます。

ローレット部分が汚れやすい

どうしてもギザギザの間が汚れてしまいます。
買った当初はきれいなんですが使っている内に汚れてきます。
濡らしたタオルで拭くとある程度はきれいになりますが、やはり完璧にはきれいになりませんね。

値段がちょっと高い

シャーペンは安いもので100以下で買えます。
そこをあえて800円も出して使うかと言われると、

ある人
別に100円でよくね?

となる人が多いです。

ですが100円シャーペンとはまるっきり違うので、安いシャーペンしか使ったことがない人にも使って欲しいですね!

もろこし
新しいシャーペンを求め続ける日々が来ますよ・・・笑

最後に

ローレットの付いた少し特殊なクルトガ ローレットモデル。
気になった方はぜひとも使ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする