え、二倍速!? クルトガアドバンスを評価してみた!

こんにちは、もろこしです!

今回は一か月前ほどに買ったクルトガアドバンスのレビューをしていきます!

「アドバンス」とは?

何が進化した?

中、高、そして大学生でも使っている人が多いクルトガシリーズ。
自分も受験の時にはお世話になりました・・・
そんなクルトガの最新商品です!!

アドバンスと銘を打っているこの商品です
なんと、なんとですね!

クルトガの心臓であるクルトガエンジンが二倍速になりました!!!

これはですね、世紀の発明ですよ。
文房具大賞はもうこれで決定笑

しかしですね。
二倍速になったからなんなんだと。
おっしゃる方がほとんどだと思うんですよ。

そこで、二倍速のいいところを紹介していきます!

クルトガアドバンスの良いところ

ナイスなポイント

二倍速のGOOD POINTは2つありますね。

芯がトガリやすい!

文字を書いてる分には文字の太さは一定になります。
しかし線や図形を描いたあとはしばらく芯が尖っていない状態になります。
そしてこのまま字を書くと汚くなりがちなんですよね・・・

しかし、二倍速だと芯が尖るまでがはやい!
図を書いた後そのまま字を書けば元に戻ります!

特に理系の人は便利に感じるのではないでしょうか?

斜め持ちでもトガリやすい!

エンジンが二倍速になったことで、斜めの状態の筆記にある程度対応できるようになりました。

私は普段万年筆を使う癖で、筆記具を斜めらせて描きます。
そうすると普通に文字を書いていても芯が回ることが少ないんですよね。
斜め持ちだとどうしてもエンジンが回りにくかったです。

ですが今回のものだと少ない回転数でも十分に回ってくれるので芯の偏りは感じません。
以前のクルトガよりもノートがきれいになりました!

レポートを書く時にも大活躍です。
こいつ文字きれいだし評価あげてやろう、なんてことになってくれたらいいんですけどね笑

パイプスライド方式もついてる!

さりげない新機能

二倍速エンジンがやはり目立つクルトガアドバンスですが、これ以外にも新機能がこっそり追加されています

今流行りのパイプスライド方式です

これによって、芯が出てないけど書ける状態をつくれます。
筆圧が高めでよく芯を折ってしまう人でも使いやすいんではないでしょうか?
芯をパイプの中に入れたまま書けば芯折れがかなり防げますよ!

加えてこのパイプスライド機構、先端の金属部分が中に収納できるんです。
これによって筆箱に傷がつくのを避けたり、ポケットにしまった時に服の生地がいたむのを防止できます。
高級な筆箱を使っている人にかなりおすすめなポイントですね

このようにペン先のこだわりが見えると嬉しいですよね。
クルトガアドバンス以外にも、ペン先にこだわったシャーペンがありますよ!

こうなって欲しい!

欲望に似た要望

ものすごく良くなったクルトガアドバンスですが、やはりこうなってほしいという点は多いです。

以前のモデルにはハイグレードモデルとして、金属製のカッコい感じのボディタイプがありました。
このモデルに滑り止めがついているものを昔愛用してたんですよね。

そこで思うことが

「やはり、滑り止めは欲しい!」

ということですね。

普段の時はいいんですが、テストや切羽詰まった場面でペンが滑るとやる気がなくなります

大進化したクルトガアドバンス、皆さんも使ってみてはいかがですか?

最後までお読みいただきありがとうございました!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする