製図用シャーペンの異端児!? GRAPHGEAR1000 レビュー!!!

こんにちは、もろこしです!

みなさんは製図用シャーペンを使ったことはありますか?
読んで字のごとく、製図に特化したシャーペンとなっています。

しかし、製図用とはいっても通常筆記にも非常に適しています!
そこで今回は製図用シャーペンでも特におすすめな、GRAPHGEAR1000のレビューです!!!

スポンサーリンク

特別ギミック搭載!

製図用シャーペンでよくありがちなのが、ペンを落としてペン先を曲げてしまう事故です。
ペン先の曲がりが酷い場合だと、芯を出すだけで折れてしまうこともあります。
こうなってしまうと、ペンチを使ってまっすぐに戻すしかありません。

しかし一度ペン先が曲がってしまったシャーペンを使うというのは、なんだか嫌になってしまうんですよね・・・

しかし、グラフギア1000ならそんなことはありません。
ペン先を収納するギミックが搭載されているからです!

このギミックがあれば、もし落としたとしてもペン先が曲がってしまう事故をかなり防ぐことが出来ます。
製図用シャーペンを気軽に使えるので、非常にいいですよ!

他にも、ノックしたら出てくる芯の長さを調節できるシャーペンもあったりします!
しかし4年前ぐらいに廃盤になってしまったので手に入りづらいですね・・・

程よい重量感

最近のシャーペンは軽さ重視の物が多く、取り回しがいいが所有感が薄いことが多くありました。
しかしグラフギア1000なら重厚感を感じられます!
ボディ全体が金属で構成されているので、かなりずっしりとした印象ですね。

重さによるメリットは他にもあります。
自重をうまく使えば、筆圧を高くしなくても文字を書けることです。

人によっては筆記時のシャーペンの角度を斜めにして使う人もいます。
斜めの角度で筆記しようとしたら筆圧高めにしないといけなかったりしますが、そんなことはありません!

他にも、かなり柔らかめのシャー芯を使うことで独特の筆記感を味わうこともできます。
芯がどんどん削れていきますが、独特な書き味は癖になります。
ぜひ2Bぐらいの芯を買って使ってみてください!!

硬度表示という遊び心

グラフギア1000には硬度を表示する機能がついています。
これは製図にガチで取り組む人用のもので、ひと目でほしい芯の硬度が入っているシャーペンを選ぶためのものです。
普通に使う分にはまったく必要のない代物です。

しかしこういう部分でちょっとした遊び心を表現できたりするため、私は好きだったりします。
例えば、普通にHBの芯を使っているのにあえて3Bの表示をするなど。
ちょっとした話の種になればいいな、程度に考えています笑

ペン先がグラつかない

ペン先のグラつかなさは非常に重要です。
ペン先なんて気にしないという人も、しっかりしているものを一度使うと世界が変わりますよ!

グラフギア1000は、ほとんどペン先のぐらつきがありません。
最高とまでは言えません、ギミックがあるシャーペンにしてはかなりの精度です!

ぺんてる社の技術力の高さが伺えるポイントですね!

ゴム+ローレット

ローレットというのは、シャーペンのグリップ部分についているギザギザのことです。
ゴムだけ、もしくはローレットだけというグリップのシャーペンが多いですね。

ゴムには滑りにくいけど安っぽさが、ローレットには高級感があるけど少し手が痛く感じるというそれぞれのメリット・デメリットがあります。

グラフギア1000はこの両方取りをしていて最高です!
ローレットとゴムのコラボはこれほどまでに有効なのかと使うたびに実感しますね・・・

似たようなシャーペンでGRAPH1000というものもあるのですが、こちらもグリップにこだわっていておすすめです!!

高重心の強み

このシャーペンは全体に金属を使っていることでかなり高重心、つまりキャップ側に重心が来ています。

この重心の位置が好きだという人もいればあまり合わないという人もいます。
私がネットの評価や周りの人に聞いた感じだと、合わない人のほうが多いようですね。

そのためすべての人に合うわけではありませんが、合ったらめちゃくちゃ使いやすいですよ!

最後に

いかかでしたか?

グラフギア1000はその特徴を見るとかなり「尖っている」シャーペンのように感じますが、使い手のことをよく考えられているとても良い商品です。

気になった人は是非とも使ってみてください!!!

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

新品価格
¥621から
(2017/9/27 00:07時点)

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする