つらい深夜バスをあえて楽しむ3つの対策!

ぱぱっと寝よう

こんにちは、もろこしです!

皆さんは深夜バスによく乗りますか?

旅行の安価な移動手段として使う人が多いですよね。
しかし、深夜バスというだけでいやになる人も多いのではないでしょうか?
私もよく深夜バスに乗るんですが、毎回嫌に思いますね。

そこで発想を変えて、深夜バスをむしろ楽しんじゃいましょう。
ここでは深夜バスを楽に過ごすための3つの対策を紹介します!

スポンサーリンク

寝る

ぱぱっと寝よう

深夜バスならまずは寝るという選択肢がありですよね。
寝てれば時間もあっという間で疲れもたまりにくく、一番おすすめです!

しかし、寝るためにはいくつかポイントがあります。

シートを倒す

まず、シートのリクライニングは完全に倒してしまいましょう。
ここで後ろの人に遠慮してしまうと疲れの原因になるので、ガッツリと倒しましょう。

この時は後ろの席の人に確認を取るようにするとトラブルもありません。
ひと声かけてからシートを倒しましょう!

睡眠グッズの活用

また、睡眠グッズを使うと快適に過ごせます。
アイマスク、ネックピローあたりが人気です。
他にもマスク、イヤホンなもあるといいですね!

深夜バスの中はけっこう乾燥しやすいのでマスクがかなり役立ちます。
イヤホンも騒音をカットして音楽を聞けるためオススメですね。

やはり家とはまるっきり環境が違うので、音楽で自分の空間を作ることが大切だったりします。
いびきが非常にうるさい人もたまにいますからね。

外を見る

つまらなさの追求

窓側の席に座れた人は外を見て時間をつぶしてもいいかもしれません。

しかし、高速道路を走る時間が多いのでつまらないです。
逆にそのつまらなさを利用して寝てしまうのがいいですね!

遊ぶ!

寝ないという選択肢

深夜バスで寝ようと思っても、寝にくいと感じる人が多いです。
実際私も寝るのに苦労しました。
そんな人はむしろ遊んでしまいましょう!

スマホにはできることがたくさんあるので暇つぶしには事欠きません。
読書、漫画、アニメ、ゲーム、ネットサーフィン、etc・・・
ダラダラしてれば意外と時間が経ってたりしますからね。

しかし、光が漏れて他の人の迷惑にならないようにすることが必要です。
意外と光は漏れていて、トラブルの原因になることがあります。

画面の光度を落としたり、ヘッドマウント型のスマホケースを使うなどするといいですね。

深夜バスでの注意点

注意して欲しい2つのこと

楽しみ方とは違いますが、深夜バスに乗る上で気をつけるべきポイントがあります。

早めの予約

まず、早めに予約をしましょう!
窓側や真ん中の席を希望したり、グレードの高いバスは早く予約が埋まります。

どうしてもこのバスがいい、この席以外では困る!
といったこだわりが強い人は早めに予約を取りましょう!

バスの確認

また、予約を取ったバスにトイレがあるかどうかも確認しておきましょう。
大体のバスにトイレはありますが、確認しておいて損はありません。

最後に

いかかでしたか?

深夜バスでは寝るのが一番楽ですが、無理して寝ようとしてストレスを感じても大変です。
それぞれに合った時間の過ごし方を見つけてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする