語彙力が無くても大丈夫!! 「伝えかたが九割」まとめ!

こんにちは、もろこしです!

 

大学生たるもの遊びやサークルが大切です!

しかし、自分磨きを重視する人も多いんではないでしょうか?

そんな人におすすめの本、伝えかたが九割を紹介します!!!

 

スポンサーリンク

言葉遣いは上手くなれる!

インターネットや本を読んでいて、

「こいつめっちゃセンスいいな」

と感じることってすごくありませんか?

 

例えば、大須賀町の標識の一つに

「ゴミ捨てる、あなたの心が、すでにゴミ」

なんてものがあります

 

かなりきっつい言葉ですが、センスのかたまりですよね!!

さすがにこれを見てなお、ごみを捨てれる人はいないのではないでしょうか?

 

 

さて、何かにつけてものを書く機会が多いこのごろです

やはりセンスのいい言葉が書きたいですよね!

 

そこで「伝えかたが九割」で紹介された、誰でも今日から簡単にできる言葉のビルドアップ法をまとめます!

 

 

5つの方法が有効!

伝えかたが九割というこの本では、5つ方法が紹介されています

 

1.         サプライズ法

2.         ギャップ法

3.         赤裸々法

4.         リピート法

5.         クライマックス法

 

11つサクッと見ていきましょう!

1.      サプライズ法

 

これは言葉通り相手をびっくりさせる方法です!

もっとも伝えたいことの前に、強調することばをいれる方法です

 

例えば、

「この講義は面白い」

この文をサプライズ法でチェンジすると

 

「この講義は面白い!!!」

「実は、この講義は面白い」

「あ、この講義は面白い」

 

という感じで変えられます

もとの文とは全然変わってきますよね!

 

文のあたまには他にも

「びっくり」、

「そうだ」、

なども入れてもいいかもしれません

 

また、文の最後に

「!」

を入れるだけでもサプライズ法になります!

こちらは普段のメールやラインでどんどん使っていけますね

 

ギャップ法

 

ギャップ法は、もっとも伝えたいことの前に反対の言葉を置くことでジェットコースターのような効果を生み出すことができます

 

例えば、

「真夏の太陽はすきだ」

この文をギャップ法で変えてみると

 

「真冬の雪よりも、真夏の太陽がすきだ」

 

このようになります

他にも有名な人の言葉の例では、

 

「これは私の勝利ではない、あなたの勝利だ」

-バラク・オバマ氏

 

があります

2009年、アメリカ選挙は白熱していましたね!!

最近オバマ氏の勝利演説を見たわけですが、言葉の一つ一つに心を打つ「なにか」がありました

やはり、もってる人はもってますね 

赤裸々法

 

赤裸々法は、自分が伝えたいことの前に体の反応を表現する方法です

これを使うと、とっても素朴で、温かみがあふれる表現となります

 

例えば、

「夕日がきれい」

 

これを赤裸々法で変えると

 

「胸が苦しくなるほど、夕日がきれい」

 

という風に変えることができます

かなりグッとくるフレーズになったのではないでしょうか?

 

リピート法

 

リピート法は、文字通りキーワードを繰り返すことで強調することができる手法です

有名なところだと

「人民の、人民による、人民のための政治」

これなんかもリピート法が使われています

 

もっとも伝えたい言葉を決めて、それを繰り返すといいでしょう

 

「今日は寒い」 これをリピート法でイメチェンすると

「今日は寒い、寒い」

 

肌に突き刺さるような寒さを感じることができますね!

 

クライマックス法

 

クライマックス法は、こちらの話から離れかけている読者をぐっと引き戻す手法です

 

これは、伝えたい話をひとまず話さずに、のちに紹介する「クライマックス言葉」を先に言う方法です

 

クライマックス言葉とは、

「ここだけの話ですが」、

「これだけは覚えてほしいのですが」、

「他では話さないのですが」・・・

これらのような言葉のことです

 

例えば、

「私はドラムが大好きです」

これをクライマックス法でチェンジしてみると

 

「ここだけの話ですが、私はドラムが大好きです」

となります

 

こんな風に書かれると、思わず身が乗り出しちゃいそうです

大学の教授もこの方法をつかえば、講義中に寝る大学生も少なくなるのではないでしょうかね

 

3  最後に

 

これらの方法は

誰にでも、簡単に、今からでもできるものです!

いつもの会話、なにげないライン、レポート、

スピーチの原稿などなど

使える場面は星の数ほどあります!

 

ぜひとも、5つの方法をつかってあなたの「ことば」をレヴォリューションさせましょう!!!

 

また、伝えかたが九割には他にも相手に「イエス」と言ってもらえるテクニックを紹介しています

気になる方はぜひ、手に取ってみてください!

伝え方が9割

伝え方が9割

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする