Xサーバーの管理画面からブログを高速化しよう!

Xサーバーの管理画面からサイト高速化!

こんにちは、もろこしです!

みなさんはブログの立ち上げをしてから、xサーバーの管理画面に行きましたか?

もろこし
初期設定以外ではほぼ見ないですよね・・・

実はxサーバーのサーバーパネルではサイト高速化に役立つ設定がいくつかあります
そこでこの記事では、個人的に助かった設定箇所について解説します!

スポンサーリンク

「php」のバージョンを変更しよう!

phpの説明に関してはウィキペディア先生にお願いしましょう

PHP (プログラミング言語) – Webページ作成のために用いられることの多い汎用プログラミング言語の一種。

From wikipedia

要はWordPressを構成する大切な要素ってわけですね
このphp、実はアップデートされていくものなんです

「php Ver.切り替え」という画面から変更することが可能です!

2018/12/28現在では、php7.2.6が最新のバージョンですね
私のサイトでは、php7.1.18にしています

これを上げることによって、サイトの表示速度を改善することができます

ただサイトによってはサイト上にエラー表示が出ることがあります
私のサイトでは最新のバージョンにするとサイト上部にエラー表示が出てしまいました・・・

もろこし
いろいろ調べても消し方が分からなかった!

いずれはアップデートしないといけないので、その時は誰かに依頼しようと思っています・・・

高速化の項目を確認しよう!

この項目では、「xアクセラレーター」、「mod_pagespeed設定」、「ブラウザキャッシュ設定」できます

xアクセラレーター

正直、最近まで存在自体知りませんでした

もろこし
もっと早く知りたかった!

当機能のご利用により、Webサイトの表示速度を向上させるとともに、同時アクセス数を大幅に拡張することが可能で、最大で10倍以上(※)のサイトパフォーマンスを実現します。

From www.xserver.ne.jp

どのような仕組みで高速化しているかは説明されていませんね
まあ素人が聞いてもわかるわけありませんよね笑

サクッと推奨設定に変えるだけでサイト速度を向上することができます
Speed Insightでの点数は2点ぐらい上がったような記憶があります

mod_pagespeed設定

これはGoogle先生お手製のもののようです
データの転送速度が向上するようですね

特にオンにしてもやばいことは全く無いのでオンにしましょう

ブラウザキャッシュ設定

ブラウザキャッシュについてざっくりと解説するならば、

「サーバーまでデータを取りに行く回数を少なくする」

という感じですね

リピーターが同じデータをすべてサーバーからダウンロードしていたらもったいないですよね
そこで、ブラウザが「キャッシュ」という形でデータを保存しておくという仕組みがあります

推奨されている設定でオンにしておきましょう

ただ、プラグインでキャッシュ削除系のものを入れているとバグる可能性があるのかな?
自分のサイトではバグったことは無いので大丈夫だとは思うのですが・・・

次は.hctassファイルに関してです

.htaccessファイルの編集

注意!

サイトにおいて重要なファイルのため、編集をミスったらサイトが全く表示されなくなる可能性があります
必ず、編集前のファイルを保存しておくようにしましょう!

.htaccessファイルは、サーバー上にあるファイルをどのように扱うかを記述するファイルのことです
うまくすればブログの一部に会員限定コンテンツを作ったり、旧URL→新URLへと飛ばしたりできます

そこで.htaccessファイルをいじればサイトの高速化が可能です
「ブログ .htaccess 高速化」あたりを検索してみると色々なカスタマイズがあるので、色々と試してみましょう

くれぐれも変更前のファイルは削除しないようにしましょうね!

最後に

この記事では、xサーバーの管理画面からできるブログの高速化方法をまとめました

あなたのサイトが少しでも高速化されていると幸いです

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする